top of page

結婚式のエンドロール最新のトレンドは?



披露宴のコンテンツを決める中で、エンドロールVTRを含めるかどうかを悩まれる方は多いのではないでしょうか?

披露宴の最後を締めくくり、来てくださったゲストの方々へ感謝を伝える重要な演出の一つ。ですが、写真や動画を使ったもの、値段も3万円~20万円と桁が一つ変わってしまう程様々で、

どれを用意すればよいのか迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。

そこで、今回は"エンドロールVTR"の最新トレンドを、わかりやすくご紹介していきます。

是非、準備の参考にしてみて下さい!



スライドショーから撮って出しへ



 エンドロールVTRと聞いて、どのような映像をイメージされますでしょうか?

おふたりの写真にコメントを載せる"スライドショー"、当日に撮影した映像を編集し上映する

"撮って出しエンドロール"の二種類が主にあり、"撮って出しエンドロール"が現在の主流となっています。

"スライドショー”は撮影した写真を事前に編集して制作するため、準備が必須ですが、個人でも制作ができ、コストも抑えられます。

一方、"撮って出しエンドロール"は費用が掛かりますが、準備の必要がありません。

さらには当日の様子をプロが撮影編集を行うため、ハイクオリティーで上映することができます。

クオリティーの高さを求める方、当日の様子を使いたい場合は"撮って出しエンドロール"をお勧めします。

 会場でのエンドロールVTRの販売がありますが、実は業者の持ち込みが可能な場合があります。また、会場内販売よりも安く、自分好みの業者を選択できるというメリットが多々あります。しかし、会場によっては禁止している場合や、別途高額な費用を請求される場合がありますので、必ず会場に確認を取る必要があります。


 Point ・撮って出しエンドロールが主流! ・会場で購入するよりも、持ち込み業者の方がお得な場合も!



映画風に一日をまとめる!



 エンドロールでは、好きな楽曲をBGMに使用できますが、曲に合わせた構成が可能であるのも、"撮って出しエンドロール"の特徴の一つです。結婚式の一日を、お仕度の段階から披露宴まで、まるで映画のようなストーリー仕立てで振り返る事が出来ます。

曲のサビやクライマックスに、感動的なシーンを配することで思わず涙がこぼれるような、忘れられない瞬間を作り出すことができます。

ただし、一点注意が必要で、撮って出しエンドロールは披露宴の最後に上映するため、再入場までの内容しか収録されない事が多いです。

披露宴最後までの記録映像が欲しい場合は、別途収録映像を注文するか、披露宴最後まで再編集したエンドロールを注文しましょう。

 Point ・撮って出しエンドロールは、お仕度~再入場まで! ・見どころを曲の盛り上がりに合わせるので、より感動的に!



ゲストの名前は入れる?入れない?


 披露宴に参加されたことがある方は、エンドロールでゲストの名前とメッセージが表示されているVTRを見たという方が多いと思います。

しかし、"撮って出しエンドロール"ではゲストの名前を入れずに、最後に「本日はありがとうございました」など締めの一言を入れるのが一般的です。

"撮って出しエンドロール"は音楽に合わせ、ストーリー性を重視しながら映像を構成する"魅せるエンドロール"ですが、ゲストの名前やコメントを文字で入れる事で、映像に集中できなくなってしまうことがあります。また、背景の動きのある映像に文字を表示すると、読みづらくなってしまうこともあり、文字を入れる事に適しているとは言えません。

どうしても披露宴の最後にゲストの方一人ずつにメッセージを見せたいという方は、"スライドショー"をお勧めします。

また、披露宴会場によっては解像度の低いプロジェクターやモニターしか用意できない場合があります。解像度が低い場合文字が潰れてしまい、せっかく準備したゲストへのメッセージが読めなくなってしまう場合もあります。

会場の機器に合わせてエンドロールを決める事も大切です。

 Point ・撮って出しエンドロールは文字をあまり入れないのがオススメ!

・会場によっては文字を入れても良く見えない事も...。



流行りの"韓国風"エンドロールとは?

 最近よく耳にする"韓国風"という言葉。

実は"撮って出しエンドロール"でも流行っている表現となります。まずはこちらの映像をご覧ください。



いかがだったでしょうか?

韓国風エンドロールの特徴としては、「独特な浅い色使い」、「一眼レフカメラでは叶わない、より高いレベルの映像表現」、「ドラマティックな世界観を演出」が特徴となります。

独特な色遣いは、動画撮影に特化した"シネマカメラ"ならではの表現となります。

こちらを使用する事で、ワンランク上がったエンドロールVTRを制作することが出来ます!

シネマカメラとは? 映画やドラマの撮影使われる、動画撮影に特化したカメラです。 写真撮影用に使われる一眼レフカメラよりも保存する情報量が多いため、明暗のメリハリがはっきり見えたり、繊細な色差をしっかりと捉え、表現することが出来ます。 また、色の調整を行っても不自然にならない為、クリエイターが創り出そうとする、思った通りの色表現が可能となります。


また、大きな動きをしながらも、ブレの少ない映像表現ができるのは"スタビライザー"を使用しているためです。最近ではスマートフォン用のスタビライザーも販売されているため、耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 スタビライザーとは? ブレを抑える為にカメラに接続する機器の事です。 各方向に自由に動くモーターでカメラのバランスを取り、激しい動作を行っても滑らかな映像を撮影することが出来ます。



美しい発色と滑らかな動きのある映像は、思わず何度も見返したくなってしまいます。

"韓国風エンドロール"を是非、ご検討下さい!


 Point ・浅めの色使いと動きのある映像が、韓国風エンドロールの特徴! ・シネマカメラでエモーショナルな映像に!



まとめ

 結婚式エンドロールのトレンドを見てきましたが、いかがだったでしょうか?

様々な種類がありますが、披露宴の形式や予算感、今後見返すことなども踏まえて検討すると、より選びやすくなると思います。

是非、ご準備の参考にして頂けたらと思います!


***


 シェリ・アンジュの「ライブエンドロール」は、お二人の好きな楽曲に乗せながら、当日の様子を、披露宴の最後に上映する、撮って出しのエンドロールです。シネマカメラ、スタビライザーを用いた撮影プランもございますので、今回ご紹介させて頂いた「韓国風」エンドロールムービーにも対応できます。最前線で活躍するカメラマンが、お二人のご要望に丁寧に対応させて頂きます。

北海道内でエンドロールVTRの持ち込みをご検討の方、8万円から対応出来ますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい!



Comments


bottom of page